ll▶ コンサルティングとは

・どのように統計解析を進めればよいかわからない
・一人で統計解析をするのは不安だ、いろいろ相談しながら統計解析を進めたい
・自分で実施した統計解析の妥当性を知りたい、他の解析方法がないか知りたい
・設計した調査票や実験計画の妥当性を検証したい

など、統計解析でお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。
主に研究者の方を対象に年間100件以上の統計解析をこなすスタッフが1対1でお客様の統計解析をサポートします。
※お電話でのコンサルティングには対応しておりません。
※メールでのコンサルティングは回答やご提案の作成に要した時間での実績請求となります。


■コンサルティング例

クライアント 国立大学医学部 先生
ご相談内容 術後経過のリスクファクターを解明し、また高リスク患者の診断基準を示したい(コホート研究)
コンサルティング ・コホート研究の一般的な統計解析の進め方を解説。
・統計解析の実施。方法と結果の記述例を作成。
・高リスク患者の診断基準についてROCの提案と実施。

クライアント 総合病院 医師
ご相談内容 査読からの指摘(交絡と外挿)への対応
コンサルティング ・多重ロジスティック回帰分析の提案と実施。
・統計解析の実施と方法、結果の記述、査読への回答を作成。

クライアント 県立大学看護学部 先生
ご相談内容 重回帰分析、多重ロジスティック回帰分析の活用の仕方
コンサルティング ・両手法の役割と使い分けを解説。
・考察を踏まえた独立変数の選択、考察の書き方を提案。
・統計解析の実施と方法、結果の記述例、統計表の見本を作成。
・統計ソフトの操作法を説明。

クライアント 県立大学看護学部 先生
ご相談内容 因子分析を想定して設計した調査票の精査
コンサルティング ・調査票の精査と改善提案。
・因子分析の結果の見方と解釈、因子分析の結果を活用した統計解析の提案。
 ※調査後の因子分析を受託、想定した因子の抽出に成功。

クライアント 国立研究所所属 研究員
ご相談内容 自身で実施した統計解析の妥当性の評価と他の統計解析手法の提案
コンサルティング ・クライアントが実施した統計解析の問題とその問題が解決できる統計解析の提案。
・統計解析の実施。方法と結果の記述例を作成。
・統計ソフトの操作法を説明。

クライアント 社会人大学院博士課程 学生
ご相談内容 共分散構造分析を想定した調査票の設計と分析の実施から考察の書き方まで
コンサルティング ・調査票について潜在変数をより適切に測定しやすい質問項目の提案。
・モデルについて高い適合度の獲得を目指した修正提案。
・共分散構造分析の実施とパス図の見方、考察の書き方を解説。
 ※共分散構造分析は、すべての仮説を支持する結果は得られなかったがモデルは高い適合度を獲得。

クライアント メーカー 研究所
ご相談内容 同等性試験と非劣性試験の必要サンプルサイズ
コンサルティング ・同等性検定と非劣性検定の進め方を解説。
・必要サンプルサイズの計算。シュミレーション結果の報告。

クライアント メーカー 研究所
ご相談内容 クロスオーバー試験の統計解析
コンサルティング ・順序効果、時期効果、処置効果について分散分析およびt検定を用いた統計解析の解説。
・分散分析とt検定を用いた結果の関係を解説。



▼統計ソフトウエア
製品情報(Windows版)
製品情報(Macintosh版)
▼統計セミナー
エスミのセミナーとは
セミナーのご案内
講師紹介
出向セミナー
▼データ解析
データ解析とは
データ解析の流れ
データ解析の料金と納期
▼コンサルティング
コンサルティングとは
コンサルティングの流れ
コンサルティングの料金
スタッフ紹介
▼アンケート調査
アンケートの実施
アンケートの入力・集計
システム開発
▼会社案内
企業理念
会社概要
所在地
サイトポリシー | 特定商取引法に基づく表示 | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合わせ © ESUMI Co.,Ltd.