Publication
Go To HOME
会社概要 市場調査 データ入力集計 データ分析 コンサルティング ソフトウェア システム開発 セミナー 書籍

   経時データ分析 実験計画法・経時データ分析・品質管理・官能評価

買い物かごを確認
経時データ分析

数量:

書 名 経時データ分析
著 者 藤越康祝/菅民郎/土方裕子
出版社 オーム社
価 格 5,076円(内消費税 376円)
体 裁 A5判 188頁
出版年月 2008年6月11日
ISBN 4-274-06724-2
備 考  −

※本書は、弊社ソフト「EXCEL経時データ分析」に添付されています。

【関連する統計ソフト】
EXCEL経時データ分析Ver.1.0


■第1部 入門編

第1章 初心者のための解説
 1.1 分散分析法とは
 1.2 分散分析表の求め方
 1.3 分散分析法における検定
 1.4 交互作用とは
 1.5 多重比較法とは
 1.6 母数因子(固定因子)、変量因子(ランダム因子)とは
 1.7 経時データとは
 1.8 経時データのための分析手法

第2章 各種モデルの概要と結果の見方
 2.1 混合効果分散分析モデル
 2.2 プロファイル分析モデル
 2.3 成長曲線モデル −成長曲線モデル(1群)−
 2.4 成長曲線モデル −成長曲線モデル(2群)−
 2.5 拡張成長曲線モデル
 2.6 線形回帰モデル
 2.7 ランダム係数モデル


■第2部 メソッド編

第3章 混合効果分散分析モデル
 3.1 混合効果分散分析モデルとは
 3.2 1群の場合
 3.3 共分散構造の検証
 3.4 多群の場合
  ・交互作用がある場合の分散分析
  ・交互作用がない場合のモデルと分散分析
  ・効果の推定
  ・一様共分散構造の検証
 3.5 多重比較
  ・ダネット法
  ・テューキー法
  ・シェフェの方法
  ・ボンフェローニ法
  ・多群の場合
 3.6 モデル選択基準
  ・1群の場合
  ・多群−交互作用がある場合
  ・多群−交互作用がない場合

第4章 プロファイル分析モデル
 4.1 プロファイル分析モデルとは
 4.2 2群の場合
  ・平行性仮説のもとでの推測
 4.3 多群の場合
  ・平行性仮説と検定
  ・平行性モデルのもとでの推測
 4.4 モデル選択基準

第5章 成長曲線モデル
 5.1 成長曲線モデルとは
 5.2 1群の場合
  ・モデルと基本統計量
  ・回帰係数の推定
  ・検 定
  ・同時信頼区間
 5.3 多群の場合
  ・推測法
  ・回帰係数の推定
  ・検 定
  ・同時信頼区間
 5.4 モデル選択基準

第6章 拡張成長曲線モデル
 6.1 階層型拡張成長曲線モデルとは
 6.2 2階層型拡張成長曲線モデル−各層が1群の場合
  ・モデル
  ・基礎統計量と変換
  ・回帰パラメータの推定
  ・検 定
  ・信頼区間
 6.3 2階層型拡張成長曲線モデル−各層が多群の場合
  ・モデル
  ・基礎統計量と変換
  ・回帰パラメータの推定
  ・検 定
  ・信頼区間
 6.4 モデル選択基準

第7章 線形回帰モデル
 7.1 線形回帰モデルと推測
 7.2 1群の場合
  ・回帰係数が群内で等しい場合
  ・回帰係数が個体ごとに異なる場合
 7.3 多群の場合
  ・回帰係数が同一群内で等しい場合
  ・回帰係数が個体ごとに異なる場合

第8章 ランダム係数モデル
 8.1 ランダム係数モデルとは
 8.2 推測法
◇ 8.2.1 推定
  ・平均パラメータの推定
  ・分散パラメータの推定
  ・修正法I
  ・修正法II(最尤推定量)
◇ 8.2.2 検定
 8.3 部分ランダム係数モデル
  ・修正法III
  ・修正法IV(最尤推定量)
 8.4 モデル選択基準
  ・ランダム係数モデル
  ・部分ランダム係数モデル

第9章 多変量基本分布・検定・AIC基準
 9.1 多変量基本統計量
 9.2 多変量正規分布・ウィシャート分布
  ・多次元正規分布
  ・ウィシャート分布
 9.3 検定
  ・共分散行列に関する検定
  ・平均ベクトルに関する検定
 9.4 ホテリング・ラムダ分布
 9.5 AIC基準


■第3部 事例編

第10章 犬の冠動脈の洞結節におけるカリウム濃度〈事例1〉
 10.1 分析目的・データ・モデル
  ・分析目的
  ・データ
  ・データの解釈
  ・適用するモデル
 10.2 分析結果
  ・混合効果分散分析モデルの分析結果
  ・成長曲線モデルの分析結果

第11章 母親の身長に応じた、少女の身長〈事例2〉
 11.1 分析目的・データ・モデル
  ・分析目的
  ・データ
  ・データの解釈
  ・適用するモデル
 11.2 分析結果
  ・混合効果分散分析モデルの分析結果
  ・成長曲線モデルの分析結果

第12章 記憶個数と経過時間との関係〈事例3〉
 12.1 分析目的・データ・モデル
  ・分析目的
  ・データ
  ・データの解釈
  ・適用するモデル
 12.2 分析結果
  ・2元配置型分散分析モデルの分析結果
  ・分析結果

付録 ― 経時データ分析ソフトウェアの紹介

買い物かごを確認

書籍 お問い合わせ先 ※年末・年始・祝日・弊社特別休業日は休業致しております

住所〒164-0012 東京都中野区本町4-44-18 ヒューリック中野ビル8F
株式会社エスミ アプリケーション開発部
TEL03-5385-7321(平日9:30〜12:00/13:00〜18:00)
FAX03-5385-8750
E-mailsyohin@esumi.co.jp

株式会社エスミ 先頭に戻る

Copyright(c). ESUMI Co.,Ltd. All Rights Reserved.